千之曾

PROFILE

PROFILE

sennosuke kataoka

片岡千之助 プロフィール

  1. 平成12年(2000年)、東京生まれ。

  2. 平成15年(2003年)7月大阪松竹座『男女道成寺』の所化で初お目見得。平成16年(2004年)歌舞伎座にて4歳で初舞台を踏み、2011年、仁左衛門と戦後初の祖父、孫での「連獅子」を実現させる。2012年、12歳から自主公演「千之会」を主催するなど芸事への研鑽を積んでいる。

  3. 平成29年(2017年)にはペニンシュラ・パリにて歌舞伎舞踊を披露、また写真家マリオテスティーノの被写体に抜擢され、平成30年(2018年)京都四条南座『吉例顔見世興行』にて初めて南座の舞台を踏み、祖父・父と松嶋屋三代揃い踏みで『義経千本桜』の主馬小金吾武里(しゅめのこきんごたけさと)を演じる。

  4. 国内だけに留まらず、海外での活躍の場を広げようとしている。現在、学業との両立を果たしながら、青山学院大学在学中。

SENNOSUKE KATAOKA OFFICIALSITE. ALL right reserved.

千之會会員限定

こちらの記事や機能は千之會入会後にご利用いただけます。